保険の相談ならココ!厳選6サイト

TOP > 保険の相談について > 保険の相談で男性か女性かを選べる

保険の相談で男性か女性かを選べる

 生命保険の外交員といえば、一般的には女性が多いです。
一部男性もいるようですが、会社等に出入りしている担当者は女性が一般的です。
特に理由はないのでしょうが、保険の外交員の独特の雇用方法などが影響しているのかもしれません。
また社員としては男性の担当者に提案されるよりも女性の担当者に提案された方が話を聞きやすくなる部分もあるでしょう。
男性社員が女性の外交員と男性の外交員のどちらがいいかと聞かれると、特にどちらでも構わないと考えるかもしれません。
ただ女性社員だと女性の外交員の方がいいと答える人が多いようです。
生命保険や医療保険などは女性独特の相談事もあります。
男性の外交員に話しても問題はありませんが、話しやすいかどうかの違いはあります。
女性なら女性の外交員の方が助かるでしょう。

 保険会社の外交員から保険に加入する以外に、保険の相談サービスを利用しての加入があります。
お店の中に入るとテーブルと席が設置されていて、それぞれの席には仕切りがあります。
銀行の窓口に近い仕組みです。
利用者とファイナンシャルプランナーが相談しやすくなっていて、隣で話をしていてもその話が明瞭に聞こえてくることはありません。
自分たちの相談を心置きなく行うことができます。
ではこの相談サービスにおいては男性と女性はどちらの方が多いかです。
これは各相談所によって異なりますが、男性の方が多いところもあれば女性の方が多いところもあります。
男女の人数を半々にしてくれているところもあります。
男性であれば特にどちらでもいいかもしれませんが、女性の利用者からすると女性のファイナンシャルプランナーを利用したい人が多いようです。

 相談サービスを利用するとき、待ちたくないのであれば事前に予約をしておきます。
電話であったりネットなどから予約が行えます。
予約をした時間にショップに行くと担当者が待ってくれています。
ショップによって予約をするときに担当者に対する希望を伝えられるところがあります。
女性の担当者を希望するとき、男性の担当者を希望するときがあり、希望があれば選択をします。
女性の担当者が少ないところで希望をすると、少し時間が遅れる時もあるかもしれません。
相談する人として女性もそれなりにいて女性を希望するケースが多いからでしょう。
予約時に希望が出せない所でも、実際に行ったときに女性担当者が空いているときには男性担当者から変わってもらえる時があります。
細かい相談に対応してもらうためにも、希望をしっかり伝えましょう。

次の記事へ

カテゴリー

PAGETOP