保険の相談ならココ!厳選6サイト

TOP > 保険の相談について > 保険の相談はライフプランニングしてくれるところ

保険の相談はライフプランニングしてくれるところ

 将来のことは誰も知ることができませんが、予測であれば少しはできるかもしれません。
1年後必要なお金がどれくらいかを知るにはどうすればよいかです。
方法はいくつかありますが、まずはその年の1年間に使ったお金がどれくらいかが分かれば参考になるでしょう。
その中からイレギュラーな出費を外し、逆に1年後に発生しそうなイレギュラーな出費を加えれば大体算出できます。
家族構成が変わらなかったり、住んでいるところが変わらないとき、1年に必要なお金がそれほど大きく変化するわけではありません。
この方法を使えば一応2年後や5年後、さらにその先の10年後等も少しはわかるようになってきます。
自動車を保有している人なら、いつ頃自動車の買い替えがあるのか、毎年かかる保険料や税金はどれくらいかなどの情報を使います。

 保険に加入するとき、大事になるのがライフプランニングです。
外交員から提案を受けて保険に入るとき、ライフプランニングから相談に応じてくれる人はあまりいないかもしれません。
年齢と家族構成を伝えると、その次に合うときまでにそれらしい保険の設計書を作ってきてくれます。
これらはそれぞれの会社が持っている統計的なデータから概算で計算したものになります。
この年齢で家族が何人、年収がどれくらいあるなら大体どれくらいの保険が必要になるかが計算できるようになっています。
でもこれは統計的な数字をもとにしているので、必ずしも各家庭で必要なお金とぴったり合うわけではありません。
節約気味の人なら平均的な家よりもお金をあまり使わないでしょうし、旅行や外食好きの家庭なら出費が多くなるでしょう。

 保険の相談所においては、ライフプランニングからしてくれるところを利用すると良いでしょう。
将来のライフイベントを出していって、それぞれにかかるお金などを予測しながら必要な保障額を決めてもらいます。
子供がいる家庭であれば教育費は重要な要素になります。
5歳の子がいれば、18歳になる13年後には大学受験に関わる大金が必要になってきます。
それをライフプランの中に入れて計算をしていきます。
保険に入るときは、今自分が死んだときを想定して加入します。
将来必要なお金が3千万円と算出されれば、今3千万円が受け取れる保険に入る必要があります。
ライフプランニングをしてくれる相談員なら、将来の見直しの必要性も教えてくれます。
保障額は年齢が経過するとどんどん下がるのが一般的だからです。
将来も含めていろいろな相談に乗ってくれます。

次の記事へ

カテゴリー

PAGETOP