保険の相談ならココ!厳選6サイト

TOP > 保険の相談について > 保険は定期的な見直しが必要になる

保険は定期的な見直しが必要になる

 生命保険に加入する時期は人によって異なります。
親が子供のためにかけ始めることもあれば、自分でかけるなら社会人になったときに始める人もいるでしょう。
その他結婚をしたとき、子供ができた時など加入するきっかけはそれなりにあります。
では見直しはいつするかですが、定期保険なら更新の時に行う人が多いようです。
そのままだと保険料がアップするので、保障額を下げたり特約を減らしたりします。
終身保険だとそのまま何もせずに入り続ける人もいますが本当にそれでいいかです。
保険に加入するのは必要な保障を受けるためです。
でも必要な保障は人によって異なり、それも適度に変化します。
結婚時に入れば子供が生まれた時には必要保障額がアップしているでしょう。
となると保障額をアップさせる見直しが必要になります。

 一応保険の外交員は、結婚や出産の情報を耳にすると見直しの提案をしてくれます。
ただ保障額のアップの時は積極的に来てくれますが、それ以外の時はあまり来てくれないかもしれません。
どちらかといえば保障額を減らすケースの方が多くなります。
一般的な家族において、最も保障額が必要になるのは子供が生まれた時とされます。
そして子供が成長するにつれてどんどん必要な保障額が減っていきます。
子供関係で最もお金がかかるのが大学進学時の授業料で、無事大学を卒業して就職をするとなるとほぼ子供に関する保障は必要なくなります。
それ以降は自分で働いて生活してくれるからです。
子供のためにと入っていた保険にそのまま入っていると、無駄な保障額の保険の保険料を払い続けることになります。
定期保険ならまさにお金を捨てる状態になります。

 保険の相談所で見直すとき、一回だけ見直せばいいと考えている人がいるかもしれません。
以前は外交員を通して加入したが、相談所で見直したからもう問題なくなると考えてしまいます。
しかし必要な保険はどんどん変化します。
自分自身の環境が変わったり、保障が変わったりします。
できれば一定期間ごとに見直し、適切な保険にした方がより効率的になります。
そのためにも相談所の利用が良いと言えるでしょう。
見直すと言っても毎年行う必要はありません。
家族が増えた減ったがなく、大きなお金の動きもないなら5年に一度くらい見直せばいいでしょう。
その他、子供が生まれたり、子供が自立したりがあれば、その都度見直しをしてもらいます。
相談サービスであれば、自分の利用したいときにいつでも相談に行け、必要な保険を提案してくれます。

カテゴリー

PAGETOP